生前贈与 | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】

生前贈与


生前贈与とは被相続人が死亡する前に相続人等に財産を渡すことで、相続税対策の一つとして行われることが多いです。

 しかしながら、生前贈与の場合は相続税の代わりに税率が高い贈与税がかかりますので、さまざまな特例を上手に活用しながら行うこととなります。

 ですから、相続に強い税理士に相談することが大切です。
では生前贈与を行う前にしっかりと理解を深めておきましょう。

贈与税とは   詳しくはこちらをクリック>>


贈与税とは、個人から現金や不動産など価値のあるものを譲り受けた時にかかる税金です。
また、実際の価値よりも著しく低額で財産を譲り受けたり、債務を免除してもらったりした時にも贈与税は適用されます。


生前贈与とは   詳しくはこちらをクリック>>


生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為です。
これによって、相続税を節税することもできます。
ただし、注意点がいくつかありますので、事前に理解しておきましょう。


暦年贈与と連年贈与   詳しくはこちらをクリック>>


生前における相続税節税は、暦年贈与や連年贈与が効果的です。
どのような特徴があるのかを、贈与する前にきちんと理解しておきましょう。


相続時精算課税とは   詳しくはこちらをクリック>>


相続時精算課税制度を用いると、特定の条件下で
2500万円まで贈与税がかからなくなります。
相続税が多額になることが生前に分かったら、
相続時精算課税制度を検討してください。
ただし、制度を適用するとできなくなることもありますので、確認が必要です。


贈与税非課税枠の拡大  詳しくはこちらをクリック>>


2010年より親から住宅取得資金として贈与を受ける場合の非課税枠の特例が
従来の500万円から1,500万円まで拡大しました。
また住宅取得資金の贈与に関する相続時精算課税制度から特別控除の上乗せを
廃止することとしています。
これにより、子供や孫への住宅取得資金の贈与について、一定の条件を満たすことで
1,500万円まで課税されないということになりました。


贈与と相続どちらが得か?   詳しくはこちらをクリック>>

贈与税は、ある一定額を境に相続税よりも税負担が大きくなります。
生前に贈与することで節税をと考える場合、贈与分岐点を活用することで、
将来相続税評価額が高くなると思われるものを評価額が低いうちに贈与することができます。


 

相続の無料相談のご予約、お問い合わせはこちらまでどうぞ!

telbana001.gif
0120-965-780
syousassikabu.gif

TOPにもどる  ■料金表  ■事務所概要  専門家紹介  ■アクセスマップ