【相続関連ニュース】孤独介護を救う「よりそいノート」全国に広がることを期待。 | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • 相続関連ニュース
  • 【相続関連ニュース】孤独介護を救う「よりそいノート」全国に広がることを期待。
【相続関連ニュース】孤独介護を救う「よりそいノート」全国に広がることを期待。

産経ビズより抜粋しています。
「介護疲れの無理心中をなくしたい…「認知症患者携行ノート」開発 」

介護疲れの無理心中をなくしたい。
そんな思いから、認知症患者の情報を医療と介護の現場で共有するための患者携行ノートが各地で開発されている。
家族や医師、介護サービス担当者らがそれぞれの持つ情報を1冊のノートに記入する仕組み。
患者の日常生活に医師が目配りしたうえで治療方針を立てるなど適切な医療や介護につながると期待される。

神奈川県茅ケ崎市の大木医院。運営する医療法人「寿会」理事長の大木教久医師は「認知症患者には自宅での生活が診察室でそのまま出る人と、よそ行きの姿の人がいる」と指摘する。
診察室ではしっかりしていても自宅では被害妄想や暴言があるなどだ。
本人の前で話しづらい家族のため、カウンセリングが必要なケースもあるという。
そんな患者の日常を知る手段として注目されているのが神奈川県の「よりそいノート」。
受診記録のほか、患者や家族が経歴、困りごとなどを、ケアマネジャーらが介護サービス利用時の様子を記入する。
患者が医療機関やデイサービスなどへ携行。
読んだ医師は一人一人の症状に応じた治療ができる可能性がある。
薬の変更に伴う症状の変化が分かったり、介護者が脱水症状を疑った場合は血液検査で確認したりといった連携もできる。
大木医師は「生活面と密着した疾患。
患者と家族を孤立させないため、みんなで見守る必要がある。
無理心中の加害者や被害者を出さないように」と、連携の重要性を強調する。
ノートは県内の医療や介護、家族団体の関係者で構成する県認知症対策推進協議会が作成。
県によると、背景には医療と介護の情報共有が難しい実情がある。
医師と話し合う機会があまりなく、介護関係者は医療機関を「ハードルが高い」と感じがちという。
4月から2万8千部を配布。
「患者に応じた服薬指導ができた」と薬剤師が評価するなど好評で、追加の要望を受け年内に4万部を増刷する。

一方、ノートは家族が気づいたことを関係機関で共有するために使う。
県内4市で昨年度からモデル事業を実施しており、今年度内をめどに県全域に広げる。

認知症患者が携行するノートは医療と介護の現場での情報共有に期待が高い一方、普及に課題もある。
患者の個人情報を取り扱うため、患者や家族の同意が必要となる。
このため、医療機関などを通じて配布された部数の全てが使われているわけではない。
また、ノートへの記入は診療報酬対象外のため、医師の理解と協力も欠かせない。
広島県は昨年度のモデル事業で300件の利用実績があるが、神奈川県は活用状況の実態調査に乗り出すため、9月補正予算に50万円を計上したばかり。
効果の検証はこれからだ。










「認知症患者携行ノート」非常に良い取り組みだと思います。
神奈川県のHPでダウンロードできるものは「よりそいノート」と言うそうです。
最近ではだいぶ普及の進んだ「お薬手帳」。
これの発展系ですね。
介護には、家族、医師、調剤薬局、ホームヘルパーというたくさんの人が関わるのに、情報の共有が難しいというのが現状です。
特に医師とホームヘルパーですね。
ここは完全に縦割りシステムで、直接介護に携わる家族を通してしか情報のやりとりがありません。
しかし、介護ノートがあれば、専門家同士のコミニュケーションがノートひとつで共有出来ます。
しかし問題点は、記事にもあった通りノートの記入に医師個人の協力が必要、ということですね。
お医者様も忙しいですから、イチ個人のノートを「これ書いて」と渡されても、記入する時間もありませんし、場合によっては診断書のように毎回3000~5000円程度の料金がかかる可能性もあります。
お薬手帳のように制度化されて、診断結果がシールになってノートに貼り付けるだけになればかなり楽なのですが。

私の子供達が通っている保育所には、2歳児までの子達は毎日の日中の様子を記録するノートがあります。
預ける日の朝は、その日の朝食メニュー、排便の有無、体温、その他細々したことはコメント欄に記入し、保育所にノートとともに預けます。
保育所の先生からは、その日一日どんなことをしたのかが記載されて戻ってきます。
介護でも、通所介護を利用している人には交換日記のようなノートがあると介護をしている家族はとても安心だと思います。
なにより、介護疲れの無理心中をなくしたい、これを実現するための第一歩として、ぜひ全国でも制度化して取り入れて欲しいものですね。