【相続コラム】家のリフォームや売却で節税 | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】

家のリフォームや売却で節税 


○家のリフォームでの節税方法


例えば現金を銀行に5,000万円預けていたとします。
預けていたままお亡くなりになり、相続が発生した場合、相続税評価額はもちろん5,000万円です。

しかし、家のリフォームに3000万円を使用したとします。
リフォームしたことによって、家の評価額が1000万円上がったとした場合、その差額分である2000万円の財産評価額を下げることができたことになります。

また、リフォームをするのに銀行から借入れをした場合、この借入分は債務控除(借金なのでマイナス)となりますので、さらに財産を減らすことができます。

ただし、節税のために借金することは、残される家族の方ともよく相談して行いましょう。


○値下がりした家を子供に売却


値下がりした家は、子供に売却してしまうのも相続税の節税対策になります。
(値上がりした家を売ってしまうと、利益分に税金がかかります。)

例えば、評価額5,000万円の家を保有したままお亡くなりになり、相続が発生したとします。

相続財産が他に1億円あるとすると、総財産評価額は1億5,000万円になります。

しかし、5,000万円の家を先に子供に売却してしまうことで、総財産額を1億円に減らすことができます。

もちろん、5,000万円をそのまま保有していたら同じことですが、前記のように、リフォームに使用したりですとか、暦年贈与を行うなどの節税対策に利用できますし、生命保険に加入して納税資金対策をとることもできます。

また、現金化して子供への相続時に分割しやすくするという考え方もあります。

他人に家を売却する場合は、居住用であれば、3000万円の特別控除の特例や、軽減税率の特例など、税制優遇措置が用意されていますが、毎年税制改正がありますので、もし迷われた場合はぜひ相続の専門家へご相談ください。

 

相続の無料相談のご予約、お問い合わせはこちらまでどうぞ!

telbana001.gif
0120-965-780
syousassikabu.gif

TOPにもどる  ■料金表  ■事務所概要  専門家紹介  ■アクセスマップ