【相続コラム】相続税から葬儀まで~いま知りたい終活 | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • 相続コラム
  • 【相続コラム】相続税から葬儀まで~いま知りたい終活

【相続コラム】相続税から葬儀まで~いま知りたい終活


WS000231.JPG週刊東洋経済 2013年10月26日号
相続税から葬儀まで~いま知りたい終活

限りある人生だからこそ、生前から準備しておきたい。相続税から葬儀・墓、遺言、そして終末期医療…。不安な時代を「終活」で乗り切る。

cover9900111403_03.jpg


[図解] 限りある人生だから準備する「終活」ロードマップ
cover9900111403_04.jpg


[第1章] 相続「大増税」が来る
cover9900111403_05.jpg


[図解] あなたの財産でいくらかかる? 相続税額シミュレーション
[図解] あなたの家も増税になる? 相続税「駅別」・試算MAP
[図解] 税制改正と相続の仕組み
こんなときどうする?相続対策Q&A
小規模宅地の特例で実家の評価も8割減
教育資金贈与信託の落とし穴
どっちが本当にお得? 相続と生前贈与の選択
マンション投資を駆使 節税手段とそのリスク
名義預金はここに注意! 税務署はここを見る

[第2章] 変わる葬儀・墓
絶えぬ解約トラブル 冠婚葬祭「互助会」に激震
INTERVIEW | 吉田茂視 メモリード社長/中野和子 弁護士
異業種が続々参入 ビジネス化する葬儀
INTERVIEW |古内耕太郎 燦ホールディングス 公益社 社長
「葬儀とは文化産業。適正な価格・品質がある」
あらためて知りたいお葬式 費用や流れ、葬儀社の選び方
価格から業者選定まで 賢いお墓の買い方
継承しない墓にシフト 浸透する永代供養墓
東京で火葬場が足りない事情
 

[第3章] 第3章自分の"最期"の迎え方
踊る終活ビジネス 一大ブームの光と影
「遺言書」で家族を守れ 親族とのトラブルを避ける法
成年後見のメリットとデメリット
「平穏死」は自宅でも可能 元気なうちから準備を
エンバーマーと入棺体験 日常で「死」と向き合う
INTERVIEW |柳田邦男 作家
「死をイメージするため、闘病記を読むことを勧めます」

雑誌のご購入は、週刊東洋経済ホームページでお願いします。→
 

記事Pick up! 2015年から税制改正でこう変わる!相続税の仕組みと流れ


土地の評価で大きく違う!税務調査にも備えを

小規模宅地特例は、“親と同居をしている”など一定の要件を満たせば、自宅など居住用の宅地の評価額を80%減額される、という制度(事業用は80%減、貸付事業用は50%減)。
たとえば、1億円の土地の評価が2000万円になるかどうか、この差は大きい。
確かに相続税は増税になるが、この特例については、適用面積の上限が240平方メートルから330平方メートルまで拡大するなど、恩恵もある。
二世帯住宅における要件緩和をはじめ、見逃さないようにしたい。
常に判断に迷うのが、相続と生前贈与の選択だ。
増税になるとはいえ、相続税では最低でも基礎控除は3600万円あるが(改正後)、贈与税では年110万円しか基礎控除がない。
できるだけ早いうちから、非課税枠に納まる範囲で毎年コツコツ贈与し、相続財産を減らしておくのが賢明である。
最も気をつけるべきは相続する際、名義預金とみられること。
被相続人の財産を移し、家族名義にする手は通用しない。
口座のある金融機関では、目立つ資金の出入りをすべて調べられるからだ。
ちなみに税務調査では、申告した人の27%が調査され、うち82%が申告漏れを指摘されている(10年度)。
申告・納税して3年後に調査されることもあるという。
自宅への実地調査では事前に連絡があり、管轄の税務署から2人の調査官が来る。
「通帳の印鑑は印影まで取られる。
普段使っていれば、朱肉を使い、色が濃いはずだから」(ある税理士)。
甘く見てはいけない。
自分の身は自分で守らなければならない不安な時代。
いざその時になっても困らないよう、今のうちから備えておきたい。





今回の週刊東洋経済「相続税から葬儀まで~いま知りたい終活」では、[第1章] 相続「大増税」が来る、[第2章] 変わる葬儀・墓、[第3章] 第3章自分の"最期"の迎え方、ということで、全体的に基礎知識を押さえたり、それぞれの業界最新情報についての記載となりました。
もっとそれぞれについて詳しく知りたい場合には、もう少し掘り下げた特集雑誌のほうが良いかもしれませんが、こういった雑誌をあまり読まれない方にとっては、いわゆる「終活」関連のことがほどよく網羅してある、良い内容であると思います。

雑誌の中から上記の記事を抜粋しましたが、今回、注目したいところは「相続と生前贈与の選択」。
雑誌の中にも2ページに渡り「どっちが本当にお得?相続と生前贈与の選択」というページがありますが、相続と生前贈与の選択で大事なのは、たとえ贈与税が発生するとしてもトータルの収支で考えることが大切、ということです。
贈与には「暦年課税(れきねんかぜい)」と「相続時精算課税(そうぞくじせいさんかぜい)」があります。
暦年課税の利点は、長期に渡って相続財産を減らせることにあり、基礎控除で毎年「110万円」まで非課税にすることができます。
ですので、毎年こつこつと110万円を贈与することも有効な手段ではありますが、相続時に多額の相続税がかかることが初めからわかっている場合には、あえて110万円を超える生前贈与を行うこともひとつの手段となります。
この手段を使う場合には、当然、贈与税の申告が必要になりますのでご注意ください。

「相続と生前贈与、うちの場合はどっちがお得なの?」という質問は当センターにもよく寄せられます。
もし、そういったお悩みをお持ちの方がいらっしゃる場合には、ぜひ「相続税概算シミュレーション」をお試しください。
概算によるシミュレーションであれば、無料相談の範囲内で行うことが可能です。
まずはお気軽にご相談ください。



2okuika.gif fudousan.gif 2okuijyo.gif
setuzei.jpgjireibanar.gif

 

相続の無料相談のご予約、お問い合わせはこちらまでどうぞ!

telbana001.gif
0120-965-780
syousassikabu.gif

TOPにもどる  ■料金表  ■事務所概要  専門家紹介  ■アクセスマップ