相続税の還付 | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • 相続税の還付

相続税の還付

kanpubanar.jpg

相続税申告をした後、余分に税金を納めたことが判明した場合は、相続税の還付を受けることができます。

例えば、不動産評価を改めて専門家に評価してもらった際、申告時よりも低い評価額だった場合には、相続税を還付してもらえるということです。

相続税の還付を受けられるのは、条件にもよりますが、相続申告期限から5年以内とされています。

こちらは現在、多くの方からご相談を受ける案件の一つになっています。
相続対象の財産に土地(広大地等)が入っている場合、内容によっては還付できる可能性が高いからです。

しかし、期間が定められていること、相続財産評価額に関する専門知識が必要とされますので、土地(広大地)を保有されている方は、お早めにご相談ください。

相続税還付の可能性の高い方

相続税の還付の可能性が高いとされている方は、以下に該当するケースです。

 1) 相続税申告後5年以内
 2) 相続財産の中に、土地が含まれている
 3) 上記2)の土地が路線価による評価地域にある、もしくは何らかの特殊事情(※)
       
がある

【特殊事情のある土地の例】
 ・ 不整形地(形のよくない土地、いびつな土地)
 ・ 私道に面している土地
 ・ 道路や通路になっている土地
 ・ 道路との間に水路を挟んでいる土地
 ・ 騒音、悪臭などの周辺の住環境が良くない土地 など

なぜ“特殊事情”があると還付の可能性があるのか?


土地の評価は、地域ごとに、

1) 路線価による評価
2) 倍率による評価

で計算されます。
 

路線価は、面している道路ごとに平方メートル単価が決められていますが、その土地の実情(特殊事情)には対応しておりません。

そこで、一般的には、細長いとか、間口が狭いとか、形がいびつだとかによる特殊事情により、各種減額割合が決められています。

しかし、上記の評価方法はあくまで一般的な評価のため、

1) 広大地である
   (市街化区域なら3大都市圏で500平米以上、その他の地域で1,000平米以上)

2) ひとつの土地を複数に利用している
   (ひとつの土地内に自宅、事業、店舗、貸家、農業など)

3) 建築基準法や消防法の規制がある


この場合には、減額割合が決められていないため、税理士の長年の経験により、減額が可能な場合があります。
評価額が下がれば、自動的に税額が下がるため、税金を還付してもらえることになります。

kanpu_.jpg

税理士にはそれぞれ得意不得意があり、相続税申告を得意としていない税理士に申告をお願いした場合、特殊事情のある土地であるにも関わらず、標準的な評価方法によって申告し、特殊事情による減額がされていない場合があります。

この場合は、相続税申告後5年以内であれば、相続税還付請求ができるのです。
特殊事情による減額は、税理士の経験により大きく差がでますので注意が必要です。


相続税還付の可能期間


相続税還付の期間は、平成23年度税制改正によって大きく改正されました。
(平成23年度税制改正に関する法律「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律」(平成23年法律第114号)が公布されました)

本改定をもって、相続税の還付は2パターンが発生します。
下記には一般的なものを記載していますが、条件によっては当てはまらない可能性もありますので、具体的な手続きを検討される方は必ずご相談ください。

パターン1) 相続税の申告期限が2011年12月1日以前の方


kanpu01.jpg


○更生の請求(申告期限から1年以内)
「更生の請求」の期間中は、税務署は余分に相続税を納めた場合には還付する義務があり、また納めた側も還付してもらう権利があります。

○更生の申出(申告期限から1年超3年未満)
「更正の申出」とは、正式な更正の請求ではありませんが、更生の申出書を提出することにより、従来の「更生の嘆願」よりも確実に見てもらえるようになりました。しかし、不服申立まではできません。

○更生の嘆願
読んで字のごとく、税務署に「嘆願」して、相続税の還付をお願いする期間です。
その裁量は税務署ごとにまかされている部分も多く、税務署によっては嘆願を受け付けなかったり、還付金額に大きな差が出たりすることもあるそうです。



パターン2) 相続税の申告期限が2011年12月2日以降の方


kanpu04.jpg


○更生の請求(申告期限から5年以内)

「更生の請求」の期間中は、税務署は余分に相続税を納めた場合には還付する義務があり、また納めた側も還付してもらう権利があります。


相続税の還付サポート内容


相続税の還付サポートは、完全成功報酬制とさせていただいております。

完全成功報酬制とは?
完全成功報酬制とは、実際に税務署から還付されることが決まった場合のみ報酬をいただく制度です。
還付金がなかった場合には料金はいっさい必要ありません。
まずはメールにてお客様の相続税申告の内容をお聞かせください。

相続税の還付サポート成功報酬料

 還付金額の30%

相続税還付のご依頼の流れ


kanpu001.jpg

メールにて事前にお聞きしたい内容

質問1) 相続税を申告してから何年たっていますか?

質問2) 相続財産の内訳を教えてください。(特に土地の数・広さ)
     (例)持ち家(都内) 約50坪  畑(千葉県) 約10反  賃貸アパート 1棟(埼玉県)  など

質問3) 特殊事情のある土地をお持ちですか?なるべく詳しくお教えください。
     ・ 不整形地(形のよくない土地、いびつな土地)
     ・ 私道に面している土地
     ・ 道路や通路になっている土地
     ・ 道路との間に水路を挟んでいる土地
     ・ 騒音、悪臭などの周辺の住環境が良くない土地 など

※相続税申告時に使用した「測量図」「公図」「住宅地図」などをお持ちの場合は、ファックスにて送っていただくと、より正確な回答が差し上げられます。
ファックス用紙には「相続税還付相談」と記載ください。03-5603-5874


質問4) 相続税の申告を担当された税理士先生の様子をお教えください。
     (例)相続税の申告に詳しくなさそうだった
         現地調査等をしていない、不動産鑑定士との提携がない
         説明がなく、どんな申告をしたのかまったくわからなかった  など



○メールフォームはこちらからお願いいたします。→→→


kanpu002.jpg
お客様の基本情報をもとに、相続税還付の可能性の有無をメールでご回答いたします。


kanpu003.jpg
相続税還付の可能性があるお客様には、無料の面談をしていただき、詳しい内容をお聞かせいただきます。

kanpu004.jpg
実際に還付が成功した場合に限り、料金のお支払をして頂きます。
もし還付が成功しなければ費用は一切かかりません。



 

相続の無料相談のご予約、お問い合わせはこちらまでどうぞ!

telbana001.gif
0120-965-780
syousassikabu.gif

TOPにもどる  ■料金表  ■事務所概要  専門家紹介  ■アクセスマップ