小規模宅地の特例診断 | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • 小規模宅地の特例診断

小規模宅地等の特例診断

小規模宅地等の特例を活用することで、
最大80%の評価減を行なうことが可能です!
 

小規模宅地等の特例とは

building_kiso.png
小規模宅地とは、被相続人の親族が相続等により取得した宅地を指します。
 
そして、『小規模宅地等の特例』とは、要件を満たした相続財産において、限度となる面積まで一定の評価減をうけることができます。

この小規模宅地等の特例を受けられると、最大80%まで財産評価額を減額できるため、要件を満たすかどうかの基準・判定も厳しくなっています。
 

小規模宅地等の種類

<特定事業用宅地等>

相続開始の直前まで、被相続人等の事業(貸付事業を除きます)で利用されていた宅地等で一定の要件を満たすもの

→最大400㎡まで  80%減額
 

<特定居住用宅地等>

相続開始の直前まで、被相続人等の居住用とされていた宅地等で一定の要件を満たすもの

→最大330㎡まで  80%減額
 

<貸付事業用宅地等>

 相続開始の直前において被相続人等の貸付事業の用に供されていた宅地等で一定の要件を満たすもの

→最大200㎡まで  50%減額
 

<特定同族会社事業用宅地等>

相続開始の直前から相続税の申告期限まで、一定の法人の事業(貸付事業を除きます)に利用されていた宅地等

→最大400㎡まで  80%減額
 
 
 

小規模宅地等の特例を適用するためには

小規模宅地を適用するには、厳格な要件を満たす必要があります。

また、こちらに関する判断は、税金の専門家である税理士でも難しいケースが多いです。
そのため、実際に相談・依頼される場合は、相続税申告に強い税理士に依頼することをおすすめします。
 
 

相続サポートセンター東京における小規模宅地等の特例診断

当事務所は、東京都を中心に、埼玉・千葉・神奈川のご相談者の方々に対し、累計1,000件を超える相続のご相談をお受けしてまいりました
その中では、判断の難しい複雑な案件も多数扱ってまいりました。
 
ご相談者様に親身に、小規模宅地等が適用されるか、また、その後どのように進めていけばよいのかをアドバイス・ご提案させていただきます。
 

サポートの流れ 

無料相談相談でサポートできること

① 小規模宅地等の特例の概要をお伝えします。
② 現在の状態で小規模宅地等の特例を受けられるかどうか、お持ちいただいた資料等をもとに診断します。
 
その後、当事務所に相続税の申告をご依頼いただく場合は、別途お見積もりさせていただきます。
 
まずは小規模宅地等の特例が適用される可能性があるか否かが非常に重要な分かれ目となります。
一度、相税サポートセンター東京へご相談ください!