生命保険を五千万円一括で受け取るのと、月々五十万円ずつ分割で受け取るのと、相続税の計算はどう違いますか? | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • よくある相続ご相談
  • 生命保険を五千万円一括で受け取るのと、月々五十万円ずつ分割で受け取るのと、相続税の計算はどう違いますか?
・ 生命保険を五千万円一括で受け取るのと、月々五十万円ずつ分割で受け取るのと、相続税の計算はどう違いますか?

生命保険を受け取る場合は一括でも分割でも相続税の対象となりますが(相続人1名につき500万円の非課税あり)、一括で受け取ると所得税は非課税になります。
毎月分割して年金形式で受け取る場合には、各年の年金収入金額のうち相続税の課税対象部分を除いたところが雑所得として所得税・住民税の課税対象となります。
具体的には、一年目は収入金額の全額が非課税で、2年目以降は徐々に課税部分が多くなっていく計算となります。