相続税の支払いは法定相続人のうち、遺産分配割合に関係なく、誰が支払っても問題ないのでしょうか? | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • よくある相続ご相談
  • 相続税の支払いは法定相続人のうち、遺産分配割合に関係なく、誰が支払っても問題ないのでしょうか?
・ 相続税の支払いは法定相続人のうち、遺産分配割合に関係なく、誰が支払っても問題ないのでしょうか?

基本的に、相続税を誰がどれだけ払うかは、遺産を取得した割合と同じになります。
弟より兄のほうがたくさん財産を相続した場合には、兄の方がたくさんの相続税を払うことになります。
もし、兄が弟の分まで相続税を支払った場合には贈与になり、贈与税がかかることになります。(110万円以下はかかりません)