「配偶者は1億6000万円まで相続税がかからない」と聞きました。法定相続では配偶者二分の一、残りを子供が相続だと思いますが、相続税がかからないようにするため、配偶者の取り分を多くしたい場合 | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • よくある相続ご相談
  • 「配偶者は1億6000万円まで相続税がかからない」と聞きました。法定相続では配偶者二分の一、残りを子供が相続だと思いますが、相続税がかからないようにするため、配偶者の取り分を多くしたい場合

・ 「配偶者は1億6000万円まで相続税がかからない」と聞きました。法定相続では配偶者二分の一、残りを子供が相続だと思いますが、相続税がかからないようにするため、配偶者の取り分を多くしたい場合は遺言書を作成しておかないといけないでしょうか?

必ずしも遺言書を作成しておかなければいけないわけではありません。
遺産分割においては、絶対的に法定相続の通りに分割しなければいけないわけではなく、相続人全員の話し合いにおいて例えば相続人が妻と子供の場合で、妻がすべて相続するということも話し合いで合意すればそれで問題はありません。
ただし子が自分の相続分を主張した場合は、分割する財産がない場合などはたとえ今住んでいる家屋であっても売って分割しなければならないことにもなりかねません。
こういう可能性がある場合には、遺言書を残しておいたほうが良いでしょう。