借金のほうが多い場合はどうすればよいですか | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
・ 借金のほうが多い場合はどうすればよいですか

相続は、被相続人に帰属する一切の権利義務を承継することです。
承継するのは、土地などの財産のほか、借金などの負の財産も承継しなければなりません。
借金のほうが多い場合は、ほかの相続人と相談して、その相続を放棄することができます。
相続開始後3か月以内に、家庭裁判所へ相続の放棄を申し立て、「相続放棄証明書」を交付してもらいます。