遺言と異なる遺産分割はできますか | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
・ 遺言と異なる遺産分割はできますか

遺言は被相続人の意思として、法律で保護されています。
しかし、遺言に書かれている内容が実際と異なるときや、遺言で指定されている方が放棄した場合、そのほか相続人全員の同意があれば、遺言と異なる分割はできることとされています。
ただし、一度遺言が成立し、または分割協議が整った後、これと異なるような処分を行うと、相続税ではなく、贈与税が課税されることもあるので注意が必要です。