相続開始の年に贈与を受けた財産に相続税は課税されますか? | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
・ 相続開始の年に贈与を受けた財産に相続税は課税されますか

相続開始前3年以内に亡くなった人から受けた財産は、相続により取得したものとみなされて相続税が課税されます。
また、被相続人が亡くなった年の贈与は、相続財産となることがわかっているので、その財産については贈与税の申告は必要ないこととなります。
なお、亡くなった年以外の3年以内の贈与は、いったん贈与税が課税された後、相続税の申告において贈与税額分を相続税より控除することになります。