相続税のかかる財産にはどんなものがありますか | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】

・ 相続税のかかる財産にはどんなものがありますか

相続税は原則として、被相続人(お亡くなりになった方)から取得した財産全てにかかると考えてよいでしょう。
現金、預貯金、有価証券、土地、家屋、宝石などはもちろん、著作権、特許権、貸付金など、金銭に見積もることができる経済的価値のあるものすべてが、相続税の課税対象となります。
また、被相続人が生前に持っていた財産ではありませんが、「被相続人の死亡を原因として給付を受ける」として、相続財産とみなして相続税の課税対象となる財産があります。
これを『みなし相続財産』といい、例としては、死亡保険金や死亡退職金などがあげられます。
この他にも、「被相続人が死亡する前の3年間で贈与された財産」や「一定額を超えた弔慰金」もみなし相続財産となりますので、注意が必要です。

【相続税のかかる代表的な3つの財産】

1)被相続人が死亡時に持っていた財産
→現金、預貯金、有価証券、土地、家屋、自動車、骨董、宝石など

2)死亡保険金・死亡退職金(みなし相続財産)
→死亡後にもらえる保険金や年金、一時金など(但し非課税枠があります)

3)被相続人が死亡する前3年以内の贈与財産(みなし相続財産)
※支払い済みの贈与税については相続税から控除されます。