「相続」や「贈与」とはどういうものですか | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
・ 「相続」や「贈与」とはどういうものですか

「相続」とは、被相続人(お亡くなりになった方)の死亡により、相続人(被相続人の配偶者や子供など民法で定められた方)が、被相続人の一切の権利義務(土地や預貯金など正の財産と、借金などの負の財産)を承継することです。
「贈与」とは、贈与者(あげる人)と受贈者(もらう人)が、お互いの承諾による契約のもとに、財産を無償(または低額や、ある程度の担保責任を負う負担付贈与もある)で譲り渡すものです。
贈与税は、相続前に財産を移動するとによる相続税の課税漏れを補完する意味で課税されます。