住宅ローンは相続財産になりますか。どのように計算されますか | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
・ 住宅ローンは相続財産になりますか。どのように計算されますか

住宅ローンも相続財産ですからローンの支払義務は、相続人に引継がれることになります。
しかし、一般に住宅ローンの場合、ローン契約と同時に団体信用生命保険あるいは生保つきのローンに加入している場合が多いと思われますので、ローンの支払義務はその時点で無くなるものと思われます。
団体信用生命保険が付いていない住宅ローンを相続する場合、相続人はローンの返済義務も引き継ぐことになるため、残金の支払いを求められます。
その場合はマイナスの遺産になりますので、プラスの遺産からマイナスの遺産を引いた額が財産総額となります。