亡くなった夫が生前、妻の口座に少しずつ給与を入れ「へそくり」をしていました。これは妻名義なので相続税申告しなくていいですか | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • よくある相続ご相談
  • 亡くなった夫が生前、妻の口座に少しずつ給与を入れ「へそくり」をしていました。これは妻名義なので相続税申告しなくていいですか
・ 亡くなった夫が生前、妻の口座に少しずつ給与を入れ「へそくり」をしていました。これは妻名義なので相続税申告しなくていいですか

相続においては、口座名義ではなく実態が重要になります。
特に、専業主婦の妻口座に、何千万も預貯金がある場合は指摘を受ける可能性が高いです。
この場合は、夫の財産とみなされるため、相続税申告しなくてはいけません。
「へそくり」は贈与とみなされませんので注意が必要です。