よくある相続ご相談2 | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】

財産を相続したけど相続税が払えない!?

相続税は財産税であり、法人税や所得税のように、儲かった利益や所得に係る税金ではありません。

相続税は、土地や建物など、すぐに現金化できないものに対して課税され、現金での一括納付が原則とされています。

このようなことから、土地だけ残されて相続が発生した時に、税金を納めるためにその土地を売却したり、土地を分筆して売却したりして、3代続くと財産がなくなるといわれています。

 そこで、相続税に限っては、現金一括納付にかえて、分割して払う延納や、不動産などの現物で納付する、物納が認められています。

 

延納、物納とは?

1)延 納
相続した財産の中に、不動産がどれだけ含まれているかによって、年数や、利息(利子税)の計算をするときの利率がかわります。


【原 則】5年 6.0%

→不動産の割合が多いほど延ばせる年数が長くなり、利率も安くなります。


【最 長】20年 1.2%

→この場合、担保が必要で、他の相続人が連帯納付の義務を負います。


2)物 納
現金でも延納でも税金を納められないときに、相続した財産そのものを税金の代わりに収める方法です。

物納に充てることができる財産は、不動産に限らず、国債や株式なども充てることができます(この場合、順位があります)。

申請をしても、国側が受け入れてくれなければ、納付とはなりません。

 国としても、現金化できないのでは、国家財政に影響があるため、最近では、不動産の物納は受け入れらない場合が多くなっています。 

 

いずれの場合も、現金一括納付が困難な場合が前提で、それを証明しなければなりません。この場合、相続した財産だけでなく、自分で貯めた財産も考慮したうえで計算しなければなりません。

 

相続はいつ発生するか分かりませんが、いつか必ず発生します。
その時に備えて、相続の対策を立てておくことが大切です。

 

当事務所は随時無料相談を受け付けております。

お気軽にご相談ください。

 

相続の無料相談のご予約、お問い合わせはこちらまでどうぞ!

telbana001.gif
0120-965-780
syousassikabu.gif

TOPにもどる  ■料金表  ■事務所概要  専門家紹介  ■アクセスマップ