不動産評価が上がりやすい | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】

不動産評価が上がりやすい


平成27年1月より相続税申告が改正され、下町エリアを含む、

東京23区内に土地をお持ちの方の場合、非常に相続税が発生しやすくなっています。

概算でこれまで5%程度でした発生しなかった相続税申告が、

25%程度まで上昇するといわれており、多くの人がその対象となりやすくなっています。

その中でも、台東区などの下町エリアに土地をお持ちの方の相続の場合、

路線価という相続の際の土地の値段を決める価格を参考にすると、路線価が高いエリアでは、
最小で5坪程度の土地の広さであっても相続税申告が発生します。

平均的な路線価の土地の場合でも、10坪以上の土地を持っている場合、

相続税が発生するかどうかを注意しなくてはならなくなっています。

そのため、東京23区内の土地を相続する場合、

相続税申告が発生するかどうかを必ずチェックしていただくことをお勧めします。

※下町エリアの相続税の発生のしやすさに関しては、相続税試算マップもご確認ください。


相続税試算マップ    詳しくはこちら>>


 

相続の無料相談のご予約、お問い合わせはこちらまでどうぞ!

telbana001.gif
0120-965-780
syousassikabu.gif

TOPにもどる  ■料金表  ■事務所概要  専門家紹介  ■アクセスマップ