下町に多い相続税の特徴とは | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • 下町に多い相続税の特徴とは

下町に多い相続税の特徴とは

 
相続サポートセンター東京は、台東区を拠点として東京・埼玉・千葉・神奈川の広範囲のお客様の相続税申告をサポートしています。
 
特に、事務所の周辺となる台東区・足立区・荒川区といった『下町エリア』の相続税申告を数多くサポートしています。

こうした下町エリアの相続税申告には、相続税が発生しやすい財産の特徴があります。
具体的には、
・不動産評価が上がりやすい
・土地が狭い
・道が狭い
・底地(借地)の相続 ・現金・株などの金融資産が多い場合
・生前に現金を分割している場合
などが当てはまります。
 
ここでは、そうした下町エリアの相続税申告の特徴をお伝えさせていただきます。


不動産評価が上がりやすい  詳しくはこちら>>

下町の不動産相続のポイント  詳しくはこちら>>

生前に現金を分割している  詳しくはこちら>>

 

相続の無料相談のご予約、お問い合わせはこちらまでどうぞ!

telbana001.gif
0120-965-780
syousassikabu.gif

TOPにもどる  ■料金表  ■事務所概要  専門家紹介  ■アクセスマップ