相続財産2億円超の方 | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • 相続財産2億円超の方

hassei.png taisaku.png



相続財産2億円超の方(相続発生後)

2okutyou1216.jpg

上記は2015年の税制改正前の数字で試算しています。
今回のポイントは「二次相続を考慮した分割案」です。
何もしない相続のほうでは、一次相続時に妻が「配偶者の税額軽減」(1億6000万円)を最大限利用して、相続税を抑えています。
ですので、税理士による相続よりも一次相続だけを見た場合には相続税額は少なくなっています。
しかし、二次相続時を踏まえて考えると相続税額は歴然。
何もしない相続ではお母様から受け取る財産額が多いうえに基礎控除額も少ないですから相続税が多くかかってしまいました。
税理士による相続では、一次相続時には多少税額を多く支払った分、結果として二次相続時には相続税額はゼロという結果になっています。
このように、相続財産が2億円超の場合は、相続発生後でも分割の仕方によってずいぶん税額が変わることがわかりますね。
もし、「自分のうちはどうなんだろう」という不安をお持ちの場合は、ぜひ相続サポートセンター東京の「相続税無料シミュレーション」をご利用ください。
まずは概算でも相続税額を把握すること、そこから考えられる手段はないか、など無料でご相談ができます。
ぜひお気軽にご相談ください。


相続発生後の対策


souzokuzaisan2oku006.gif

土地というものは、単純に広さだけで値段が決まっているわけではありません。
公道に面していない土地はそれだけで評価が下がりますし、土地がいびつで売りにくい土地、活用しにくい土地も評価が下がります。
相続税の中でも、「土地の評価」については、様々な特例や評価減のポイントがあり、経験豊富な税理士でないと評価額に大きな差が出ることがあります。

→無料相談にて、土地の評価のわかる資料(固定資産税納付書資料や登記簿謄本、公図、測量図など)をお持ちくだされば、評価減の対象となりうるかを試算いたします。
当センターでは、「相続税概算シミュレーション」までは無料で行っておりますので、ぜひご活用ください。


※土地の評価減のポイントについては、「相続税の節税ポイント」をご覧ください。



souzokuzaisan2oku007.gif

小規模宅地の特例は、土地の評価減により相続税額を減らせる特例です。
小規模宅地の特例を適用するためには親と同居することが条件となります。
この場合の「同居」とは住民票などの書類上だけのものではなく、たとえば自分あての郵便物など

生活の本拠であることの実態が必要になります。
また、税制改正後は家の中に仕切りのある二世帯住宅でも小規模宅地の特例が使えるようになります。
また、住宅用物件の場合は80%まで評価額を減額できますが、賃貸物件として貸し出している場合でも50%まで評価額を減額できます。

・老人ホームに入居している場合は
老人ホームに入居されている場合には、特別養護老人ホームの場合は小規模宅地の特例が認められるケースがありますが、有料老人ホームの場合は認められません。
ただ、特別養護老人ホームであれば必ず認められるというわけではなく、元々の居宅がいつでも生活可能なように維持管理されている必要があります。

souzokuzaisan2oku008.gif

土地は相続税支払い後、3年以内に相続した土地を売却すると、売却益から相続税の分だけ土地の売却益を減額することができます。

totinobaikyaku.gif
※相続税を支払ってから3年以内となります。


  
5funsukkiri.gif

相続専門の税理士が教える、「シーン別相続」アドバイス

2okuika.gif fudousan.gif 2okuijyo.gif
qa.gif
ryoukinbanar001.jpg


面談~サポート~料金お支払までの流れ


rizunaburu001.jpg

tel0001.jpg相続サポートセンター東京では、初回の相談はすべて無料で行っております。
※ご相談は、相続人の方に限定させていただいております。
ご都合のよい時間を選んで、ご相談にお越しください。
フリーダイヤル 0120-965-780




rizunaburu002.jpg

無料面談では、相続人様の家族関係や、財産についてお聞きします。
その際に、戸籍謄本、不動産の謄本、固定資産税の通知書などの資料があると話がスムースに進みます。
もし、お持ちになることができましたらお願いいたします。(無料面談時にご用意できなくてもかまいません。)
お客様のお話をお聞きしたうえで、必要書類の収集の仕方についてなど、アドバイスをさせていただきます。

rizunaburu003.jpg

概算による相続税のシミュレーション等をしたうえで、サポート料金がいくらになるかのお見積りをいたします。もし、料金に不明点等ございます場合には、遠慮なくご質問ください。

rizunaburu004.jpg

当センターのサポート内容に充分納得されてからサポートの開始になります。
すぐに決めていただく必要はありません。わからない点がありましたらどんなことでもご質問ください。

rizunaburu005.jpg

すべてのサポートが終了してからあらためてご請求書をお渡しいたします。
サポートの途中で突然料金が見積もりより高額になる、などのようなことは決してございません。サポート料金は数十万になることが予想されますので、あらかじめお気持ちのご用意をお願いいたします。
※サポートがおもいのほか長期にわたる場合にはサポートの途中でも料金を頂く場合があります。その場合にはあらかじめご相談をさせていただきます。

 

相続財産2億円超の方(生前対策)

2okuseizentaisaku.jpg
上記はお父様が生前対策をしてから10年後にお亡くなりになった場合の相続税の計算です。
今回の生前対策のポイントは、お母様の一次相続財産金額を4000万円に抑えている点です。
2015年の税制改正後は、二次相続時の基礎控除が3000万円+600万円×相続人ですので、上記の場合で言うと、4200万円を超えると相続税がかかってしまいます。
それを防ぐために一時相続で長女と長男にすべて相続させ、長男から代償分割という形で現金をお母様に渡しているという形をとりました。
しかし上記は、最大限に生前対策のテクニックを使用した場合のシミュレーションで、必ずしも「最善の」相続対策であるとは限りません。
一次相続時にお母様が相続するべき財産をすべてお子様に渡してしまうことでトラブルがおきるケースもあるでしょう。
いろいろな家庭的な事情を考慮したうえで相続対策は考えていかなければなりません。
ぜひ、専門家である私たちにご相談ください。
数々のシミュレーション案を提案しつつ、最善の相続対策を一緒に考えましょう。


相続発生前の対策


seizen1.png

土地というものは、単純に広さだけで値段が決まっているわけではありません。
公道に面していない土地はそれだけで評価が下がりますし、土地がいびつで売りにくい土地、活用しにくい土地も評価が下がります。
相続税の中でも、「土地の評価」については、様々な特例や評価減のポイントがあり、経験豊富な税理士でないと評価額に大きな差が出ることがあります。
今回の場合は、土地が正方形ではなく、いびつな台形だったため、15%の評価減となりました。

→この場合は、まずは相続税のシミュレーションをすることをお勧めします。
無料相談にて、土地の評価のわかる資料(固定資産税納付書資料や登記簿謄本、公図、測量図など)をお持ちくだされば、評価減の対象となりうるかを試算いたします。
当センターでは、「相続税概算シミュレーション」までは無料で行っておりますので、ぜひご活用ください。


※土地の評価減のポイントについては、「相続税の節税ポイント」をご覧ください。


seizen2.png

小規模宅地の特例は、土地の評価減により相続税額を減らせるもっとも効果的な特例です。
小規模宅地の特例を適用するためには親と同居することが条件となります。
この場合の「同居」とは住民票などの書類上だけのものではなく、たとえば自分あての郵便物など

生活の本拠であることの実態が必要になります。
また、税制改正後は家の中に仕切りのある二世帯住宅でも小規模宅地の特例が使えるようになります。

今回の場合は、長女が一緒に住むことで小規模宅地の特例を使用することが可能となりました。
他に、小規模宅地の特例を適用する場合の注意点やメリットは以下の点になります。

(1)老人ホームに入居する場合は、特別養護老人ホームにする
老人ホームに入居される場合には、特別養護老人ホームの場合は小規模宅地の特例が認められるケースがありますが、有料老人ホームの場合は認められません。
ただ、特別養護老人ホームであれば必ず認められるというわけではなく、元々の居宅がいつでも生活可能なように維持管理されている必要があります。

(2)子供の所有不動産は賃貸物件として貸し出す
小規模宅地の特例を適用するには、親と同居する必要があります。
子も自分で不動産を所有している場合には、その物件は賃貸として人に貸出しすることで賃貸収入を得ることができます。


seizen3.png

(1) 暦年贈与(れきねんぞうよ)の活用

暦年贈与とは、1月1日から12月31日までの一年間(暦年)に贈与を受けた金額が110万円(基礎控除額)以下なら贈与税の申告が不要な制度となります。
ただ、相続開始前3年以内に受けた財産があるときには、その人の相続税の課税価格に贈与を受けた財産の贈与の時の価額を加算します。
今回の場合は、生前対策開始から10年間に渡り、兄妹に100万円ずつ贈与したことで700万円の控除になりました。
贈与のテクニックとして、あえて110万円を超える贈与を行い、きちんと贈与申告して納税する、というものがあります。
これは、相続税の税率と、贈与税の税率を比べた時に、贈与税の税率のほうが低い場合に用いるテクニックです。
今回の場合は、相続時と贈与時の税率がほぼ同じであったため、暦年贈与を活用いたしましたが、相続税をあらかじめシミュレーションしておくことにより、相続税の税率を前もって確認しておくことで、その相続税の税率より低い税率が適用される金額の範囲内で贈与を行えば、贈与税を支払っても、結果として税金が安く済みますので検討の余地があるのではないでしょうか。

この場合は、まずは相続税のシミュレーションをすることをお勧めします。
 当センターでは、「相続税概算シミュレーション」までは無料で行っておりますので、ぜひご活用ください。


【その他の生前贈与】

・孫に贈与する
孫への贈与は、平成25年度税制改正大綱案に盛り込まれたもので、祖父母が孫に渡す教育資金の贈与税は1500万円まで非課税にする制度が創設されました。
祖父母が金融機関に孫名義で教育資金用の口座を作り、孫や親が授業料などが必要になった時にその都度引き出して使った場合に、贈与税が非課税となります。
25年4月から27年末までの時限措置となります。


・保険料を贈与して、子や孫が契約者になる保険に加入する
この保険の契約形態は、契約者:子または孫   被保険者:親    受取人:子や孫
親が保険料にあたる現金を子や孫に贈与し、そのお金で、親を被保険者とする生命保険に加入します。
この場合ですと、、親が死亡したときに、子や孫が受取る死亡保険金は相続税ではなく所得税・住民税として課税されます。



seizen4.png

生命保険金を相続で受け取った場合には、法定相続人1人につき500万円の非課税枠があります。
法定相続人が3人の場合、預金で1,500万円を相続で取得すると評価額は1,500万円ですが、生命保険金で1,500万円受け取っても評価額は0円となります。
今回は、お父様を被保険者とする1,500万円の一時払終身保険に加入し、預貯金の1,500万円を非課税にすることになりました。

当センターでは生命保険のご相談も無料で行っておりますので、ぜひご活用ください。


seizen5.png

相続時精算課税を選択すると、2500万円までは贈与税を支払うことはなく、これを超える部分について一律20%の贈与税を納めることになります。
そして相続発生時に、その贈与価格を相続財産に加算して相続税を計算します。
これのメリットは、相続時に加算される贈与財産の評価は、相続開始時ではなく、「贈与時の価額」になるので、将来的に値上がりするであろう不動産を贈与すると評価額が低くなる計算になります。
今回の場合は、アベノミクスでこれから上がりそうな株を長男に相続時精算課税を活用して贈与しました。
なお、既に納付した贈与税額は相続税から差し引かれます。
しかし、そもそも相続時精算課税制度は、高齢者の資産をスムーズに次の世代に渡すために設けられた制度で、これにより、財産の贈与を受けた人がお金を使い、お金が循環することを期待して導入された制度ですので、相続税がかからないかたは、先に贈与されるのもひとつの手であると思います。

「相続時精算課税」を適用するためには、税務署への申告が必要になります。
 当センターでは、相続時精算課税の申告もお手伝いさせていただいておりますのでご相談ください。


seizen6.png

せっかく生前対策で、誰に何を相続させるかを考えていても、いざお父様が亡くなり、相続する時になって「やっぱり長男である俺が自宅は相続する!」などといって揉めるケースも少なくありません。
今回の場合は、妹が自宅で同居することで小規模宅地の特例を適用するからこそ相続税を大幅に抑えることができるわけで、もし別居中の長男が相続した場合は、小規模宅地の特例が使えませんから、相続税にも大きくかかわります。
ですので、そういったもめ事を防ぐためにも、遺言できちんと財産分与を考え、公正証書遺言に残しておくことをおすすめします。
相続税の申告期限は10ケ月ですが、話し合いがまとまらなければ申告期限を過ぎてしまいます。
また、遺言があれば、遺産分割協議書が必要ないため、口座の凍結解除などもスムースにできます。(遺言に記載されていない財産がある場合は遺産分割協議書が必要です)


当センターでは、二次相続を踏まえた遺言書作成のお手伝いもさせていただいております。
 まずは無料相談をご利用ください。一緒に最善の遺言書を考えましょう。


seizen7.png

(1)中小企業の事業承継円滑化法を活用

中小企業オーナー様は、中小企業の事業承継円滑化法を活用する方法もあります。
中小企業オーナーがもっている株を、後継者へ引き継ぎ、事業をスムースに承継するための制度です。
遺留分の問題も解決でき、一定の株に対応する税金が納税猶予できます。


(2)納税資金の確保

まずは現金預金などの金融資産を残すことを考えましょう

相続税の納付は、基本は現金一括納付、納税期限は相続発生から10か月以内です

相続税の納税資金を現金預金で残すことができない場合は、所有している不動産を売却できる状態にしておくことも大切です。
具体的には、賃貸物件として貸し出している場合は、貸し出していると売却が出来ないので貸し出すのをやめる必要があります。
その他、場所が悪くてすぐに売れない場合は、時間をかけて売却し、いいところに買い替えるなどの対策をとります。


  
5funsukkiri.gif

相続専門の税理士が教える、「シーン別相続」アドバイス

2okuika.gif fudousan.gif 2okuijyo.gif
qa.gif
ryoukinbanar001.jpg


面談~サポート~料金お支払までの流れ


rizunaburu001.jpg

tel0001.jpg相続サポートセンター東京では、初回の相談はすべて無料で行っております。
※ご相談は、相続人の方に限定させていただいております。
ご都合のよい時間を選んで、ご相談にお越しください。
フリーダイヤル 0120-965-780




rizunaburu002.jpg

無料面談では、相続人様の家族関係や、財産についてお聞きします。
その際に、戸籍謄本、不動産の謄本、固定資産税の通知書などの資料があると話がスムースに進みます。
もし、お持ちになることができましたらお願いいたします。(無料面談時にご用意できなくてもかまいません。)
お客様のお話をお聞きしたうえで、必要書類の収集の仕方についてなど、アドバイスをさせていただきます。

rizunaburu003.jpg

概算による相続税のシミュレーション等をしたうえで、サポート料金がいくらになるかのお見積りをいたします。もし、料金に不明点等ございます場合には、遠慮なくご質問ください。

rizunaburu004.jpg

当センターのサポート内容に充分納得されてからサポートの開始になります。
すぐに決めていただく必要はありません。わからない点がありましたらどんなことでもご質問ください。

rizunaburu005.jpg

すべてのサポートが終了してからあらためてご請求書をお渡しいたします。
サポートの途中で突然料金が見積もりより高額になる、などのようなことは決してございません。サポート料金は数十万になることが予想されますので、あらかじめお気持ちのご用意をお願いいたします。
※サポートがおもいのほか長期にわたる場合にはサポートの途中でも料金を頂く場合があります。その場合にはあらかじめご相談をさせていただきます。

 

 

相続の無料相談のご予約、お問い合わせはこちらまでどうぞ!

telbana001.gif
0120-965-780
syousassikabu.gif

TOPにもどる  ■料金表  ■事務所概要  専門家紹介  ■アクセスマップ