相続財産が不動産メインの方 | 相続税の相談なら相続サポートセンター東京【関東一円対応!相続税の専門家】
  • HOME
  • 相続財産が不動産メインの方

相続財産が不動産メインの方へ

fudousanmein0304.png




fudousanmein002.giffudousanmein003.gif


相続発生前の対策 


fudousanmein004.gif

税理士に相談する最大のメリットはもちろん「相続税」についての計算に長けているから、です。
特に土地の評価では、評価減のポイントがあり、経験豊富な税理士でないと評価額に大きな差が出ることがあります。

それ以外のメリットとしては「相続そのものの経験が豊富である」ということがあります。
例えば、不動産メインの方が相続税を軽減する最大の方法としては、土地の評価額が8割減になる「小規模宅地の特例」がありますが、我々専門家はお客様からご相談をうけて単純にそれをお勧めするばかりが仕事ではありません。

小規模宅地の特例を適用するためには、親子が同居する必要がありますが、ライフプランに関することですので、一概に税金が安くなるから一番よいこと、とは言えないものでもあります。

こういった場合のアドバイスとしては、まず、予定される相続税額を正確に知る必要があります。
次に、その相続税額によって、小規模宅地の特例を適用できるようにするべきか、または生前贈与を活用することでなんとかなるのか、生前に名義変更をするのか、などお客様ごとのケースバイケースでアドバイスをさせていただいております。

まずは当センターの「相続税概算シミュレーション」をご利用いただくことをお勧めいたします。
相続税概算シミュレーションは無料で行っております。
そのうえで、お客様の家族構成や将来的な不安なども踏まえたうえで、一緒に相続について考えていきましょう。

fudousanmein005.gif

二次相続とは、今回の相続だけでなくこの次の相続のことまで考えた相続対策のことを言います。
一般的に平均寿命の長さからいうと、一次相続が「夫」二次相続が「妻」の場合が多くなりますが、一次相続で妻に全部を相続させた場合、二次相続時に子に相続税が発生する場合があります。

この場合、一次相続で妻に全部を相続させるのではなく、子にも相続させることにより二次相続での相続税を軽減することができる場合があるのです。
上記の墨田区の例のように、相続人が一人しかいない場合、相続税制改正時には基礎控除額が少なくなりますので、注意が必要なのです。
このように、二次相続の相続税申告アドバイスができるのは相続専門の税理士だけになります。

fudousanmein011.gif

相続財産が「不動産メイン」のかたに注意していただきたいのが「納税資金」です。
今までは相続税のかからなかった方でも、税制改正後は都心の戸建ての場合は1軒の持家で相続税が発生する可能性があります。
相続税の納付は、基本は現金一括納付、納税期限は相続発生から10か月以内です。
もし現金が数十万から数百万程度あった場合でも、葬式代や入院費など思わぬお金がかかる場合があります。
実際に故人に対してどのくらいお金がかかるかは想像もつきませんが、相続税の場合は前もってシミュレーションをすることでどのくらいの額になるかがわかります。
まずは当センターの「相続税概算シミュレーション」をご利用いただくことをお勧めいたします。
相続税概算シミュレーションは無料で行っております。


相続発生後の対策 


fudousanmein008.gif


相続が発生している方で、「小規模宅地の特例」を適用した場合、相続税がゼロになる場合があります。
この場合、「相続税がゼロになるなら申告はしなくていい」と考えるのは大きな間違いです。

小規模宅地の特例の適用は、「小規模宅地の特例を適用すると税金がゼロ円になります」という申告書を作成して提出する必要があります。
この特例の適用を受けるためには、相続税の申告書に、この特例を受けようとする旨を記載するとともに、小規模宅地等に係る計算の明細書や遺産分割協議書の写しなど一定の書類を添付する必要があります。

→当センターでは、「特例適用で相続税0円申告プラン」をご用意しております。
詳しくは料金表をご覧ください。


小規模宅地の特例を適用するためには、お亡くなりになった方との同居が条件となりますが、そもそもその意味とは、お亡くなりになった方と一緒に生活されていた方の生活の本拠を残すためと、生活の維持のために、土地の評価額を80%(アパートなどの貸家の場合は50%)評価減ができる特例です。
兄と妹の兄弟がいる場合に、別居していた兄が家を相続する場合にはこの特例を使うことはできないのはこのためです。

fudousanmein009.gif

二次相続とは、今回の相続だけでなくこの次の相続のことまで考えた相続対策のことを言います。
今回の相続人が妻と子の場合、妻が相続する場合には「配偶者の税額軽減(配偶者控除)」を適用することができます。
「配偶者の税額軽減(配偶者控除)」とは、配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した正味の遺産額が1億6,000万円までか、配偶者の法定相続分相当額までであれば、配偶者に相続税はかからない制度です。
しかし、妻がすべてを相続し、今回の相続については相続税がかからない場合でも、次の二次相続では相続税がかかる場合があります。
この場合、
一次相続で妻に全部を相続させるのではなく、子にも相続させることにより二次相続での相続税を軽減することができる場合があるのです。
上記の墨田区の例のように、相続人が一人しかいない場合、相続税制改正時には基礎控除額が少なくなりますので、注意が必要なのです。
このように、二次相続の相続税申告アドバイスができるのは相続専門の税理士だけになります。



5funsukkiri.gif

相続専門の税理士が教える、「シーン別相続」アドバイス

2okuika.gif fudousan.gif 2okuijyo.gif
qa.gif
ryoukinbanar001.jpg

面談~サポート~料金お支払までの流れ


rizunaburu001.jpg

tel0001.jpg相続サポートセンター東京では、初回の相談はすべて無料で行っております。
※ご相談は、相続人の方に限定させていただいております。
ご都合のよい時間を選んで、ご相談にお越しください。
フリーダイヤル 0120-965-780





rizunaburu002.jpg

無料面談では、相続人様の家族関係や、財産についてお聞きします。
その際に、戸籍謄本、不動産の謄本、固定資産税の通知書などの資料があると話がスムースに進みます。
もし、お持ちになることができましたらお願いいたします。(無料面談時にご用意できなくてもかまいません。)
お客様のお話をお聞きしたうえで、必要書類の収集の仕方についてなど、アドバイスをさせていただきます。

rizunaburu003.jpg

概算による相続税のシミュレーション等をしたうえで、サポート料金がいくらになるかのお見積りをいたします。もし、料金に不明点等ございます場合には、遠慮なくご質問ください。

rizunaburu004.jpg

当センターのサポート内容に充分納得されてからサポートの開始になります。
すぐに決めていただく必要はありません。わからない点がありましたらどんなことでもご質問ください。

rizunaburu005.jpg

すべてのサポートが終了してからあらためてご請求書をお渡しいたします。
サポートの途中で突然料金が見積もりより高額になる、などのようなことは決してございません。サポート料金は数十万になることが予想されますので、あらかじめお気持ちのご用意をお願いいたします。
※サポートがおもいのほか長期にわたる場合にはサポートの途中でも料金を頂く場合があります。その場合にはあらかじめご相談をさせていただきます。

 

相続の無料相談のご予約、お問い合わせはこちらまでどうぞ!

telbana001.gif
0120-965-780
syousassikabu.gif

TOPにもどる  ■料金表  ■事務所概要  専門家紹介  ■アクセスマップ